はじき銀舎の地味日記

地味な生活を送る、冴えない男の日記

1/3の純情な感情

どうも、はじき銀舎です。

 

 

タイトルですが、SIAM SHADEのあの名曲とは無関係です。"1月3日の純情な感情"という意味で付けました。

 

 

缶ビール4本空け、電車での帰路の途中でブログを投稿しようじゃないかと思い立ち、書いています。

要は、1月3日の今日の全く繕うことのない、ほろ酔いの状態での僕の感情を言葉でつらつらと表している記事です。

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、一日だけの休日を利用して実家に帰りました。

特に目的が無ければ帰る予定はなかったのですが、姪っ子が遊びに来るとのことで、お年玉をあげるためにも帰省をしました。

 

 

久しぶりに会う姪っ子は驚くほど成長していて度肝を抜かれました。

昔からあまり人見知りをせず僕に構ってくれているので、嬉しい限りです。

実は僕子供が苦手なのですが、兄の娘となると一入可愛く感じるものなんですね。親バカならぬ叔父バカなのですが、普段見せないようなデレデレな顔を見せているのかもしれません…。

 

 

僕は今後一生子供を育てることは無いので、姪っ子にはたまに会う際にできることをやってあげたいなと思っています。もちろん、両親の邪魔や迷惑にならない程度に。

 

 

 

僕は一人でも自分なりの幸せを見つければいい。というか、今でも十分幸せに過ごせているのかもしれない。

 

 

そんなこんなで最寄駅に到着。

 

 

たまには何を書きたかったのか分からない記事があってもいいですよね…。

 

 

短めですが、今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DA PUMP

かなり久しぶりに音楽の話。

前回音楽に触れた記事をアップしたのは半年前…。四六時中(時には就寝中も)音楽は聴いてるんだけど。

 

hajiki-ginsha.hatenablog.com

 

 

ということで、今回は"今年の顔"とメディアで話題のモンスターグループ、DA PUMPについて。

 

実はここ数ヶ月、DA PUMPの楽曲とパフォーマンスに虜になっている。

 

そんな中、先日発売されたベストアルバム「THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP」を購入。

 

f:id:hajiki_ginsha:20181216162955j:plain

こちらはCD+DVD盤。個人的に一番好きなジャケット写真。

 

 

遡ると、彼らがデビューした1997年頃からバラエティからドラマまで自宅では常にリビングに居て、画面に釘付けになっていたテレビっ子だった(大体物心がついたのがこの頃なわけだが)。

もちろんその頃放送されていたゴールデン帯の音楽番組もほぼ欠かさずチェックしていた。

 

現在28歳の僕は、デビュー曲「Feelin' Good〜It's PARADISE〜」も懐かしいなと感じる世代だ。

 

その他、「Love is The Final Liberty」「ごきげんだぜっ!〜Nothing But Something〜」「if…」「CORAZON」などは当時リアルタイムで聴いていて好きだった記憶がある。

 

ちなみに、絞り難かったが、個人的に一番好きな楽曲は「Steppin' and Shakin'」かな。爽やかで音・ボーカル・ラップすべてカッコいい。

 

DA PUMPの楽曲は英語タイトルが多いが、ほとんどサビか曲中に歌詞として出てくるのもあって、収録曲のラインナップを見るだけでメロディが頭に流れる方も多いのではないだろうか?

事実、ベストアルバム16曲のうち「Purple The Orion」を除いてすべてタイトルが曲の印象的な箇所で登場する。

 

 

所謂DA PUMPの全盛期が終わってからも、2004年のSg「GET ON THE DANCE FLOOR」、2009年のSg「SUMMER RIDER」(ISSAさん以外の6人加入後初のSg)は音楽番組きっかけで好きになり聴いていたが、それ以外は特に聴いてこなかった。

 

 

さまざまな紆余曲折を経て、今年6月にリリースした「U.S.A.」を2018年の邦楽シーンの代表曲と成し得たのは周知の事実であろう。

 

事実、半年が過ぎた今でもTVで沢山パフォーマンスしている。年末が近付いている現在は尚更で、カラオケで歌われている楽曲ランキングでは軒並みトップを飾っていることが老若男女に認知されている証拠であろう。

 

 

 

そんな中で、満を持してのベストアルバム発売。

 

今作は直近2曲以外すべてボーカルをリレコーディング。若くて輝いていた歌声から成熟かつ安定したものへと今尚進化し続けるISSAさんの魅力が最大限に活かされている。また、現在ラップを担当するKIMIさんの声で過去のヒット曲を現体制のカッコいい曲に仕上げている(ちなみにKIMIさんは上の写真の黄緑スーツの方です)。

 

デビュー曲に至っては21年ぶりに音源化となるということで、下手にアレンジを加えて原曲とは大きく異なる仕上がりになっていないかという心配があった。

だが、蓋を開けてみると、全曲原曲を忠実に再現しつつ、ISSAさんはキーを変えずに現在の良さだけを引き出した歌声を披露している。

 

ライブでは、踊りながらも一切息切れせず、その高い歌唱力が年齢とともに進化し続けているISSAさんが凄すぎて隠れてる部分もあると思うのだが、DA PUMPに加入してからラップを始めたというKIMIさんのパフォーマンスにも注目してもらいたい。実際、色んなライブ映像を観てきたが、KIMIさんの踊りながらの安定したラップも異次元だと思っている。

 

もちろん、他のパフォーマー5人もそれぞれ個性的な魅力があり、売れるべくして売れたんだなと思わざるを得ない凄いグループなのだ。

 

 

来年は全国を周るツアーをやりたいと仰っている7人のパフォーマンスを是非直接目に焼き付けたいものだ。

 

 

寝具事情

こんにちは、はじき銀舎です。

 

 

 

皆さんは寝具にこだわりがありますか?

 

 

畳やフローリングに布団を敷くよりベッド派だ、ホテルなどでの宿泊の際に枕の高さがいつもと違うと寝られない、など各々さまざまあるかと思います。

 

 

というのも、先日自分で初めて布団を購入したのですが、結構悩むことになってしまいました。

なので、その顚末を綴ろうかと思います。

 

 

 

 

 

まずこれまでのことを振り返ると、高校卒業までは実家住まいだったため、何のこだわりもなく用意された布団で就寝していた。

 

その後大学で一人暮らしを始めるタイミングで親が寝具一式を揃えてくれた。

 

だが、3年ほど前の転勤による引っ越しの際に処分。まあ6〜7年使用していたので、新天地で新たに購入しようかと考えてその土地を後にした。

 

新天地では、都合良く近所にホームセンターがあったので、そこで一旦毛布だけ購入しその他の寝具は十分検討してから買いに行こうと考えていた。

布団は敷いたり片付けたりという手間が、ベッドは場所を取るため、どうしようかなと悩んだ挙句、ソファベッドを購入しようかと色々とカタログを見ていた。ワンルームの部屋にあればソファとしてもベッドとしても活用できる代物だからだ。

 

 

だが、ここで面倒くさがりな性格を存分に発揮する。

 

 

買いに行くことが億劫。せっかくの休日に疲れを溜めたくない。僕は車を所有していないため、寝具の買い物は簡単なものではない。

 

そういった買い物への躊躇が1週、2週、1ヶ月、3ヶ月…と膨らんでいく内に"実は必要ないのではないだろうか?"という感情が芽生えてきて、脳内の欲しいものリストから除外されることとなった。

 

 

それからというもの、夏でも冬でも毛布一枚だけを保有して寝ていた。

 

敷布団を持たないのでフローリングの上にそのまま寝ていたのだが、何ら支障はなかった。

 

滅多にないが、体調不良で寝込んでいる時ももちろん毛布一枚。

彼には「その姿を想像すると面白い…。」と笑われたっけ。

 

 

 

 

先月から住まいとしている新居でも寝具を新たに購入する予定は無かったのだが、彼が4泊5日で遊びに来てくれることになり、一式揃えることに。

 

メジャーでシンプルなものが良いなと思い、選んだのは無印良品

 

敷パッド…。ん?これだけで敷布団としての役割を果たせるのか?

いや、それにしては薄いよな…。

敷布団の上に敷くのか?

布団カバーの代役みたいなものか…。

カバーいっぱいに布団を入れる面倒な手間が省けそうだ。

 

枕はそのままじゃダメだよな…?

実家でもしてたし、カバーは必須だよね…。

 

 

お店で1時間くらい悩みに悩んで購入。

 

結果的に彼が満足できる設備となったのかどうかは分からないが、僕からみたところ熟睡できてたみたいなので、及第点か。

 

 

 

現在、布団を敷き枕と毛布を設えて寝ているが、目覚ましをかけなくても寝坊しないようになった。

仕事に遅刻するような寝坊は滅多にしていなかったが、休日でも比較的早い時間に起きるようになった気がする。

まあ、夜更かしをしなくなったのが一因なのだが。

 

と言ってたら、昨日寝坊して遅刻しそうになった。

やはり朝が弱いのは変わっていないようだ。

油断大敵。

駄菓子祭

どうも、はじき銀舎です。

 

 

先日、街をぶらぶら歩いていると、駄菓子屋さんを発見。

店先に展開されていた商品に懐かしさを感じながら入店し、"あ〜、これ小学生の頃食べてたなあ…。"と思ったお菓子を次々とカゴに。

 

 

f:id:hajiki_ginsha:20181106143947j:plain

 

これだけ買って300円くらい。安い。

 

 

 

読者の皆さんの中にも、この中に懐かしさを感じた駄菓子がある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

さすがに九州限定ではないはずなので。

 

 

 

僕は特に"もろこし輪太郎"と"らあめんババア"をよく買っていた記憶があります。

やはり昔から甘いものよりしょっぱいものを好んでいたよう。

 

 

"タラタラしてんじゃねーよ"は今でも何のお菓子なのかはっきりとわからないまま口にしていますが、大人になってからは酒のつまみにもなりますね。

 

 

今回の記事はその報告だけです。

 

 

では、また。

 

 

 

心機一転

どうも、はじき銀舎です。

 

 

またもや、前回の投稿からかなり期間を空けてしまった…。

今後は日常の些細な出来事も記していこうかなと思います。

 

 

 

 

さて、タイトルの「心機一転」ですが、先日仕事の異動のため、引っ越しました。

 

 

ようやく新天地で落ち着いてきたので、ブログに記していきます。

 

 

 

 

まず新天地のことですが、関西から九州に戻ってきました。

 

 

東京に遊びに行きたいのに、更に離れた場所に定住することになってしまった…。

それでもいずれ遊びに行くけど。

 

 

 

新天地は生まれ育った土地なので居心地は良いが、色々不便になった部分もある。

 

 

最も不便に感じるのは、大都市へのアクセスが悪く、時間とお金がかかってしまう点。

買い物一つとっても、なかなか労力が必要だなと既に思ってしまっている。

 

 

 

但し、良い点も多い。

前回より家賃が安く広い家に住んでいるため、自宅ではこれまで以上に快適に過ごせているような気がしている。

 

 

また、久々の角部屋なので、隣室を気にする負担も減った。

実は前に住んでいた家は、隣の人が喋っている会話の内容が判るほど壁が薄く、こちらも音を出さないよう控えていた。

そういった我慢というか心配が無くなったのは僕にとっては大きなことである。

 

 

 

 

 

引っ越しの話に戻る。

 

 

今は徐々に落ち着いてきたものの、引っ越しをして新生活が始まるとどうしても散財してしまう。

 

 

諸々生活に必要なものを揃えるために買い物をしないといけないのはもちろん、僕の場合はほぼ休みを取らずに引っ越しをして新天地での業務を開始したため、新居の片付けが進まずに外食が続いてしまった。

 

 

これには少々後悔の念が残っているが、まあ要らない過去は振り返らず、これからのことを考えるようにしよう。

 

 

新生活を機に、これからは自分に足りないと思う浩然の気を養っていきたい。

 

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

誕生日よ、永遠に記念日であれ

どうも、はじき銀舎です。

 

先日、誕生日を迎え、28歳になりました。

 

 

誕生日って、大人になっていくうちにどうも思わない、寧ろ嬉しくないよ、と仰る方が非常に多い気がします。少なくとも僕の周りには多いです。

 

 

ですが、僕は誕生日が近づくと内心ソワソワして、当日は特別嬉しいです。

歳を重ねることが未だに喜びなのです。

 

大人に見られたいだとか、実年齢に相応しい大人の男だとか、そういったことは全くありません。

僕にそのような要素が無い分、理想として自然体でスマートな男性になりたいものです…。

 

 

さて、そんな誕生日当日のことをサラッと。

 

 

今年は休みを取り、とある用事の為に前日から実家に帰省していました。

 

 

前夜はいつもより早めに就寝して翌日に備えました。

 

 

翌朝。

アラームより早く目覚めスマートフォンをチェックすると、彼から祝福メッセージが届いていたので、朝一からテンションが最高潮に。

 

大切な人から「おめでとう」と言ってもらえる嬉しさを実感しながら起きていくと、母親からも「おめでとう」と言われた。

「ありがとう」と返答したものの、身内からの祝福は正直小っ恥ずかしい。

 

 

その日は、前回会った際に彼から誕生日プレゼントとして貰ったハンチング帽を被って出かけ、ご機嫌に用事をこなした。

 

 

いつか心境が変化して誕生日を意識しない日がくるかもしれない。

 

だが、誕生日は誰しもがもつ不変の記念日。

 

そんな記念日をずっと大切にしていきたい。

 

 

 

 

 

乗り物酔いにはご注意を

皆さんは乗り物酔いを感じますか?

 

 

全く感じたことが無い方も居れば、子供の頃は感じていたけど大人になるにつれて無くなった、という方もいらっしゃるでしょう。

 

 

また、車の運転をする場合は酔わない、と言われますね。

僕もそうですが、運転しない場合は酔いを感じてしまいます。

 

 

僕は、子供の頃は全くと言っていい程乗り物酔いを起こさなかったが、高校生になると途端に頻発するようになり、今も車や電車、飛行機などで酔って気持ち悪くなることが多い。

 

 

 

 

今回は、そんな僕が車酔いによって死を覚悟した話。

 

 

 

それは、先日ドライブに出かけた時のこと。

 

 

連休を取り浮かれていたのもあってか、前夜は2時間も眠れなかった。

睡眠不足のせいもあったのかもしれないが、助手席でドライブを楽しんでいた矢先、車酔いを感じてきた。

 

 

その後、距離を重ねるにつれて徐々に気持ち悪くなってきたので、一旦車を停めて仮眠をとることに。

 

 

時間を置いて再出発したが、車が動き出すとまた気分が悪くなり、休憩。

 

 

それを何度か繰り返しているうち、ある異変を感じた。

突然両手に痺れを感じ始めたのだ。

 

 

ただ、その時はあまり問題視することはせず、そのまま車を走らせていた。

 

やがて、両足と顔面にも痺れを感じ始め、両手に至ってはあまりの痺れに指が硬直して動かなくなり、痛みすら感じるようになった。

 

 

あまりの辛さに、近くのお店に車を停めてもらい、休むことに。

だが、歩くことすらままならない状態で、呼吸も安定していなかった。

 

おそらく顔色が悪かったのだろう、お店の方が僕に気付いてくれて、介抱してくれていた彼と話をしていたことは何となく憶えている。

 

 

「救急車を呼ぼう」とお店の方が連絡をしてくれ、そのまま僕は担架に乗せられて搬送された。

 

 

ただ、病院までの道のりは長く、加えてかなり車が揺れたせいでさらに痺れと吐き気に襲われ、あまりの苦しさに涙が零れて止まらなかった。

苦しさと、色んな人に迷惑をかけている罪悪感で頭がいっぱいだった。

 

 

病院に着くと、担当医師に"ゆっくり息を吐くことを意識してください"と言われ、ベッドに横たわったままひたすら吐くことに意識を持った。

次第に症状は和らいでいき、"何とか"事なきを得ることができた。

 

正直、一時はこのまま死ぬのではないかと思ったくらい、これまでの人生で感じたことのない苦しさと辛さを感じた。

言葉で表すと簡単かもしれないが、本当に"何とか"回復できたと思っている。

 

 

そのまま2時間くらい休むと気分も良くなったので、そのまま帰っていいですよ、と言われた。

 

 

この一連の症状は"過換気症候群"と診断された。

 

 

あまり聞いたことのなかった"過換気症候群"を詳しく調べてみると、精神的不安や極度の緊張状態で過呼吸になることで、手足の痺れや筋肉の痙攣が起こる症状との記述。

 

自覚は無かったが、車酔いの気持ち悪さを落ち着かせようと、紛らわそうとして呼吸が不安定になってたせいで全身が痺れたよう。僕は手足のみならず、顔面にも痺れを感じ、胸が締め付けられるような痛みを誘発していた。

 

 

休憩のために寄ったお店の方には感謝している。諸事情によりすぐにはできないが、いつか絶対に直接お礼を伝えたい。

 

そして何よりも、ずっと寄り添ってくれた彼には感謝してもしきれない。僕が病院に運ばれたことでその後の予定が潰れてしまったのに、何一つ文句を言わないどころか、ずっと心配してくれていた。

改めてここで彼に言いたい。「ごめん。そして本当にありがとう。」と。

 

 

 

さて、今回の症状ですが、またいつ起きるか分からない怖さがあります。

特に乗り物酔いを感じる方は、深く呼吸をすることを意識して過換気症候群にならないよう注意してください。

そして、皆さんが乗り物の道中を楽しめることを願っています。