はじき銀舎の地味日記

地味な生活を送る、冴えない男の日記

1周年‼︎

どうも、はじき銀舎です。

 

 

本日2/20で当ブログを開設して1年となりました。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190220222117p:plain

 

 

はてなブログから届いたメールを見て、"もう1年か…。"と思ったのと同時に、"濃い1年だったなあ。"という感慨深いものがあります。

 

 

これまでの人生において、この1年はターニングポイントとなりました。

 

 

 

 

 

 

そもそも、このブログを始めた時のことを振り返ると、僕は居ても立っても居られない状態でした。

 

 

何かゲイ活動を行いたい。だけど、バーに出向いたり誰かと直接会うといった大きな一歩を踏み出す勇気がない。

 

 

だったら、少しずつでも自分を知ってもらえるコンテンツを始めよう。

 

 

ということでアカウントを作成し、初めてブログを投稿。それが昨年の今日ということです。

 

今見ると恥ずかしさしか無いけど、今回限りで貼っておこうと思います。

 

hajiki-ginsha.hatenablog.com

 

 

 

その後、ブログ上でゲイであることを明かし、ゲイカテゴリに入ることに。

 

hajiki-ginsha.hatenablog.com

 

 

 

 

最初はグループに入るというアクションだけでも正直怖かった。当然知人も顔見知りも居ないから簡単に足を踏み入れていいものなのかという葛藤もあった。

 

 

だが、ゲイグループを作成したchuckさんの過去の記事を読んで、グループに入る決意ができた。

 

言葉で説明するのは難しいのだが、なんか安心したというか。根拠は無いけどこの方のグループなら大丈夫だ、と。(勝手な意見ですみません…。)

 

 

 

それからというもの、毎日が同じことの繰り返しで退屈な人生を送っていた僕にとっては目まぐるしい月日を経たように感じる。

 

 

お店の前で高鳴る鼓動を必死に抑えながらガチガチに緊張して訪れた初めてのゲイバー。

 

ゲイバーで知り合った方との初体験。

 

初めての彼氏。

 

つい先日は初めてブロガーさんと直接会ってお話することもできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の人生は第2章に突入しました。

 

 

地方に住んでいるため、あまり直接お会いしたりすることができないのが何より難点ですが、今後もより多くのブロガーさんと交流できたらいいなと思います。

 

また、ブログに関しては2年目も自分のペースで緩くやっていきます。

 

 

 

ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

引き続き更新していく「はじき銀舎の地味日記」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190220234012j:plain

 

 

東京旅行〜最終日、さよなら素晴らしき街〜

今回は1/26(土)、東京旅行3日目にして最終日のことを。

 

 

 

1日目の夜よりも深い時間まで飲んでいた前夜だったが、この日の朝は8時台にはすっきり目が覚めた。

 

時間があったので、ホテルの大浴場に足を運び、汗を流した。

 

 

そして10時過ぎにチェックアウトし、高田馬場へ向かった。

 

 

目的はこのグルメ。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190129162946j:plain

 

野方ホープさんのラーメン。

写真は僕が頼んだ"濃-こく-"。

 

 

こちらもお店の情報を手に入れてからというもの、どのメニューも美味しそうで、この旅行中に行くことにしていた。

 

豚骨だが、重くなく食べやすい逸品でした。

 

 

 

普段ラーメン屋さんには年1回も行かないのだが、まさかの2日連続ラーメン。系統は全然違うけど。

 

 

f:id:hajiki_ginsha:20190129163013j:plain

 

それと、米好きにはたまらないチャーハン。

こちらも絶品でございました。

 

 

味も一級品なんだけど、僕が訪れた店舗のスタッフさん全員の接客レベルが高く、素晴らしいなと思う気持ち半分、自分ももっと頑張らねばという悲しさ半分。

 

 

 

 

お腹を満たした後再び新宿に戻り、昨夜訪れたばかりの秘密基地さんへ。

 

 

土曜日で昼12時オープンだったため、飛行機の時間まで3時間くらい滞在できるなという理由と、今回の東京旅行の目的を思い付く限り一通り達成して時間が余っていたこともあり、楽しすぎたバーを再訪。

 

この日スタッフさんのバースデーイベントがあるとのことだったが、「いらっしゃるだけで構いませんよ。」と言われ、手ぶらでお店へ。

 

 

 

万一のことを考慮し、お酒を飲まずにソフトドリンクだけ飲んでいたが、あの空間は素面でも楽しい。

 

お店の方は言わずもがな、既に来店されていた僕より若いお客さん2名も、後から来店されたお客さん達も凄く優しく接してくださり、まさに"都会の良い秘密基地"だな、と思った。

 

幾つかのゲームを満喫してお店を後にし、羽田空港から現実世界に戻ったのであった…。

 

 

 

 

今回の東京旅行、出会ったすべての方がいい人で、とても恵まれた3連休になったな、と。

 

"東京の人は冷たい"という言い方をされることも少なからずあると思うが、全くそんなことはなかったし、むしろ優しくて温かかった。

 

 

すぐに、という訳にはいかないけど、また近いうちに遊びに行きたいと、いや、必ず行くことを決心。

 

 

 

今回の東京旅行を華やかにしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

では、この辺で。

 

 

 

 

東京旅行〜グルメとゲームの2日目〜

今回は1/25(金)、東京旅行2日目のことを振り返っていきます。

 

当ブログ史上最多となる枚数の写真を貼っていますが、撮影センスもなければ編集センスもないので、諸々ご了承ください。

まあ、それは今に始まったことではないんですが。

 

 

 

前夜、深夜2時過ぎまでバーで飲んでいたこともあり、ホテルで目が覚めたら10時を回っていた。

まあ仕方がない、と思いながらも部屋で少しダラダラ過ごし、11時を過ぎたあたりで新宿から浅草へ。

 

 

浅草ではまず雷門を目指して歩いた。

すると、それは突如姿を現した。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190127163803j:plain


 

テレビでお馴染み、雷門。

突然現れてびっくり。

 

 

そこから多くの人力車とすれ違いながらぶらぶら歩いている中ふと右側を向くと、雷門よりも大きな建造物が現れた。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190128014444j:plain


 

東京スカイツリーではないか…!

この後登ってみようと思い、さらに浅草を散策。

 

 

茶店でみたらし団子を食べて一旦休憩した後、花月堂さんのジャンボメロンパンを頂いた。

 

 

f:id:hajiki_ginsha:20190127163923j:plain

 

 

甘いものは得意ではないが、こちらのお店の情報を手に入れてからというもの、どうしても気になって食べてみたかった。

 

ほとんどが修学旅行生の若い子たちの列に並んで購入。

 

いやあ、人気の理由が一口で判明。

こんなにサクサクしてて香ばしいメロンパンは食べたことがない。

これは僕同様、「甘いものはちょっと…」という方にもオススメです。

 

 

ゆったり歩きながらメロンパンを頬張りつつ、立ち寄った「まるごとにっぽん」という商業施設では、こめたんぽさんの"スパイシー肉巻き醤油たんぽ"なるものに吸い寄せられ、注文。

 

 

f:id:hajiki_ginsha:20190128024426j:plain

 

 

きりたんぽに豚肉を巻いて焼いたものを醤油ダレで味付けし、その上に野菜とスパイシーなソース。

美味しいに決まってるよ、そりゃ。

 

 

メロンパンときりたんぽでお腹が膨れた状態で、いざスカイツリーへ。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190128014743j:plain

 

真近で見て"デカい…"という、ありきたりな感想。もっと語彙力が欲しい…。

 

 

いざ内部に入り、入場料を払って350mの地点まで上がる。

 

実は高所恐怖症なのだが、何だろう、高すぎてそれ程怖さを感じることがなかった。

個人的にはビルの5階くらいの高さの方が恐怖だな、と感じる。

 

東京の街を360°見下ろし満足した後は、345m地点にあるカフェで休憩。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190128020718j:plain

 

 

ここで1時間くらいゆっくりしていたが、その事実が怖さを感じなかった証拠だよな…。

 

 

必要なお土産を一通り購入してスカイツリーを後にし、新宿に戻る。

 

 

そして、ずっと前から楽しみにしていた、蒙古タンメン中本さんへ。

 

入店したのは18時頃だったが、既に満席で根強い人気を実感。

さらに、テレビで何度か見たことがある店長さんがいらっしゃって、"有名人に逢えた!"と心の中でプチ喜び。

 

券売機で蒙古タンメンを選び、注文。

席に通されて間もなくして到着。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190128020803j:plain

 

破壊力抜群の見た目。何度も写真で見てた一品が目の前にある。

 

恐る恐るスープを一口飲んでみた。

 

 

"あれ……、意外と辛いかも……。"

 

 

思わず少し咳き込んでしまった。

 

激辛好きにとっては屈辱的行為といえよう。負けたも同然。

 

その後も何度か咳き込んでしまったが、あまりの美味しさにスープまで飲み干した。

 

 

辛さレベル5の蒙古タンメンは強敵だった。

元々、辛さレベル9の北極ラーメンを頼もうとしていた自分を殴りたくなった。

 

 

 

 

お店を出て引きずった心のまま一度ホテルに戻ったが、このままホテルで休むのも違うなと思い、同じ新宿にあるGayMixGameBar秘密基地さんへ向かった。

 

今回の旅行で訪れる予定は無かったが、何名かのブロガーさんが紹介していたこともあって、せっかく東京に来ているのだし行ってみようと思い立ち、急遽行ってみることに。

 

 

お店のホームページの地図とグーグルマップを交互に見比べながら、既に日が落ちて暗くなった新宿の街を歩く。ひたすら迷いながら。

 

見上げると、改めて高層ビルが多いなと思いつつ、帰宅するサラリーマンに交じって歩を進める。

 

 

f:id:hajiki_ginsha:20190128034952j:plain

 

時間をかけて何とかお店に到着。

昨夜のバー同様に、緊張しながらも深呼吸して扉を開けた。

 

アットホームでまさに"秘密基地"のような雰囲気の店内には、お店の方2名とお客さん2名。

ボードゲーム初心者でも大丈夫だろうかと少し不安に思いながら席に着く。

 

麦焼酎を頼み、促されるがまま隣のお客さんとボードゲームを始めることに。

 

この時不安要素の一つがすぐに無くなった。

それは、ゲームのルールに関する不安だ。

 

僕はてっきり、自分でルールブックのようなものを熟読、理解した上で臨むのだろうと思っていた。

ただ、実際は店主のお兄さんが親切丁寧に教えてくれた。こんなボードゲーム初心者の地方の人間にも、だ。

 

 

店主のお兄さんがセレクトした最初のボードゲーム「ガイスター」がスタートすると、隣に座っていた相手の方も初めてのプレイということでお互い手探りで進めていった。

 

最初のゲーム、勝敗ははっきり覚えていない。ただ、勝っても負けてもとにかく面白い。

 

ボードゲームってこんなに楽しいのか…と早くも虜になった。こういったお店が近くにあったら定期的に通いたくなるなあ、と羨ましくもあった。

 

その後も終始麦焼酎を飲みながら、後から来店されたお客さんとも一緒に、幾つかのゲームを全員でプレイした。

お店の方とお客さんとのゲームと会話は弾み、深夜3時過ぎまで楽しんだのだった…。

 

 

 

 

 

 

 

次回は旅行最終日となった3日目のことをアップする予定です。

 

ご覧いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

東京旅行〜初めてづくしの1日目〜

どうも、はじき銀舎です。

 

ようやくやってきました、東京旅行!

ということで、24日(木)〜26日(土)まで東京に滞在しています。

本日は、昨日の旅行1日目の振り返り。

 

 

朝一の飛行機で羽田空港に到着、そこでブロガーのじじさんとランチしてきました。

 

didikitten.hatenablog.com

 

僕は昨年2月に当ブログを開設しましたが、実際にブロガーさんと顔を合わせるのは初めてで、面と向かって挨拶させていただいた後も緊張感がなかなか拭えず、うまく喋れなかったです…。

 

そういった反省点はありますが、じじさんの大人の優しさに触れ、楽しくお話することができました。

改めて、じじさんありがとうございました!

是非またゆっくりお話しましょう!

 

 

さて、その後は品川、新宿を目的もなくぶらぶらと歩き、夕方に西新宿のホテルにチェックイン。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190125153744j:plain

 

 

 

そして、夜は渋谷にあるNHKホールでOfficial髭男dismのライブに参加。

 

 

合間に、近くにあるタワーレコード渋谷店に寄ることもでき、嬉しかったですね。タワレコといえば渋谷店、のイメージがあるので。

 

f:id:hajiki_ginsha:20190125153819j:plain


 

あっという間の楽しい時間を過ごしたのも束の間、次は新宿三丁目に移動。

この区間の移動は物凄く迷いました…。地方の人間としては、やはり東京は複雑で恐ろしいですね。慣れれば何てことないんでしょうけど…。

 

新宿三丁目では、じじさんのご友人とバー「アイランド」さんで待ち合わせ。

 

不思議な巡り合わせというべきなのか、この日初対面の僕にじじさんがバーを紹介してくださり、じじさんは予定があって同行できないため、急遽ご友人の方に時間をつくっていただいて、お会いする運びとなりました。

 

いやあ、明るい方でとにかく楽しかったです。

 

ご友人の方は時間の都合上途中で帰られましたが、僕は深夜2時までお店で楽しく飲んでから、ホテルに帰りました。

 

 

 

ということで、初日は渋谷や原宿、品川、新宿といった初めてだらけの都市に翻弄されながらも無事に終わりました(原宿は特に何もしていませんが、NHKホールの最寄駅となっていたので寄りました)。

 

今回の東京旅行、当初はライブに行くことが第一目的だったのですが、じじさんにお時間をつくってもらって予定を立ててくださった後はそちらの方が楽しみになっていました。

いつもブログを拝見していて想像していた以上に、真面目で気さくで優しい方でした。

初めてお会いするブロガーさんがじじさんで良かったです。

 

 

2日目、3日目のこともアップする予定なので、よろしければまた覗いてください。

 

 

では、この辺で。

 

 

 

去る病魔、迫る東京

どうも、はじき銀舎です。

 

 

実は先週からインフルエンザの脅威に身体が悲鳴を上げてしまい、思わぬ形で長期連休を取ることとなってしまいました…。

 

既に回復したのですが、一時は40度近い熱が出て非常に苦しかったです。

 

ほとんど文字通り寝ていましたが、病院ついでに水分と食料(といっても3日間全く食欲が湧かなかったが)を買いに出かけなければいけない時は相当辛かったです。

 

高熱でフラフラな上、関節痛が酷く歩くのも億劫、普段5分の距離を20分以上かけて移動する体たらく。しかも20〜30分の距離を、である。

 

現在は、充分過ぎる休養を取ったので、その分を取り返すが如く仕事に精を出さなければ…と思っているところです。

 

 

さて、予期せぬ休みを過ごしたところで、本当の休暇が刻一刻と迫っています。

 

 

それは、"東京旅行"。

 

 

来週に予定している東京旅行の準備を少しずつ進めています。

就職活動時代以来なので、5年ぶりの東京です。

 

とはいえ、プライベートで遊びに行くのは初めて。高校の修学旅行でも訪れたけど、これはプライベートにカウントしないこととする。

 

言い換えれば、東京を自由に散策できる機会は来週が初めてというわけです。

主な目的はライブに行くことですが、この機会に3連休を取得したので、思い切り羽を伸ばして観光などしたいと思います。

 

さて、近付くにつれ楽しみは増しているのですが、よく目や耳にする街の位置関係が分からなさすぎて不安も膨れ上がってしまっています…。

方向音痴なので迷うこと必至だと最初から割り切っていますが、大都会でひどく動じることのないよう事前の下調べを怠らないよう努めたいと思います。

 

 

本日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1/3の純情な感情

どうも、はじき銀舎です。

 

 

タイトルですが、SIAM SHADEのあの名曲とは無関係です。"1月3日の純情な感情"という意味で付けました。

 

 

缶ビール4本空け、電車での帰路の途中でブログを投稿しようじゃないかと思い立ち、書いています。

要は、1月3日の今日の全く繕うことのない、ほろ酔いの状態での僕の感情を言葉でつらつらと表している記事です。

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、一日だけの休日を利用して実家に帰りました。

特に目的が無ければ帰る予定はなかったのですが、姪っ子が遊びに来るとのことで、お年玉をあげるためにも帰省をしました。

 

 

久しぶりに会う姪っ子は驚くほど成長していて度肝を抜かれました。

昔からあまり人見知りをせず僕に構ってくれているので、嬉しい限りです。

実は僕子供が苦手なのですが、兄の娘となると一入可愛く感じるものなんですね。親バカならぬ叔父バカなのですが、普段見せないようなデレデレな顔を見せているのかもしれません…。

 

 

僕は今後一生子供を育てることは無いので、姪っ子にはたまに会う際にできることをやってあげたいなと思っています。もちろん、両親の邪魔や迷惑にならない程度に。

 

 

 

僕は一人でも自分なりの幸せを見つければいい。というか、今でも十分幸せに過ごせているのかもしれない。

 

 

そんなこんなで最寄駅に到着。

 

 

たまには何を書きたかったのか分からない記事があってもいいですよね…。

 

 

短めですが、今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DA PUMP

かなり久しぶりに音楽の話。

前回音楽に触れた記事をアップしたのは半年前…。四六時中(時には就寝中も)音楽は聴いてるんだけど。

 

hajiki-ginsha.hatenablog.com

 

 

ということで、今回は"今年の顔"とメディアで話題のモンスターグループ、DA PUMPについて。

 

実はここ数ヶ月、DA PUMPの楽曲とパフォーマンスに虜になっている。

 

そんな中、先日発売されたベストアルバム「THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP」を購入。

 

f:id:hajiki_ginsha:20181216162955j:plain

こちらはCD+DVD盤。個人的に一番好きなジャケット写真。

 

 

遡ると、彼らがデビューした1997年頃からバラエティからドラマまで自宅では常にリビングに居て、画面に釘付けになっていたテレビっ子だった(大体物心がついたのがこの頃なわけだが)。

もちろんその頃放送されていたゴールデン帯の音楽番組もほぼ欠かさずチェックしていた。

 

現在28歳の僕は、デビュー曲「Feelin' Good〜It's PARADISE〜」も懐かしいなと感じる世代だ。

 

その他、「Love is The Final Liberty」「ごきげんだぜっ!〜Nothing But Something〜」「if…」「CORAZON」などは当時リアルタイムで聴いていて好きだった記憶がある。

 

ちなみに、絞り難かったが、個人的に一番好きな楽曲は「Steppin' and Shakin'」かな。爽やかで音・ボーカル・ラップすべてカッコいい。

 

DA PUMPの楽曲は英語タイトルが多いが、ほとんどサビか曲中に歌詞として出てくるのもあって、収録曲のラインナップを見るだけでメロディが頭に流れる方も多いのではないだろうか?

事実、ベストアルバム16曲のうち「Purple The Orion」を除いてすべてタイトルが曲の印象的な箇所で登場する。

 

 

所謂DA PUMPの全盛期が終わってからも、2004年のSg「GET ON THE DANCE FLOOR」、2009年のSg「SUMMER RIDER」(ISSAさん以外の6人加入後初のSg)は音楽番組きっかけで好きになり聴いていたが、それ以外は特に聴いてこなかった。

 

 

さまざまな紆余曲折を経て、今年6月にリリースした「U.S.A.」を2018年の邦楽シーンの代表曲と成し得たのは周知の事実であろう。

 

事実、半年が過ぎた今でもTVで沢山パフォーマンスしている。年末が近付いている現在は尚更で、カラオケで歌われている楽曲ランキングでは軒並みトップを飾っていることが老若男女に認知されている証拠であろう。

 

 

 

そんな中で、満を持してのベストアルバム発売。

 

今作は直近2曲以外すべてボーカルをリレコーディング。若くて輝いていた歌声から成熟かつ安定したものへと今尚進化し続けるISSAさんの魅力が最大限に活かされている。また、現在ラップを担当するKIMIさんの声で過去のヒット曲を現体制のカッコいい曲に仕上げている(ちなみにKIMIさんは上の写真の黄緑スーツの方です)。

 

デビュー曲に至っては21年ぶりに音源化となるということで、下手にアレンジを加えて原曲とは大きく異なる仕上がりになっていないかという心配があった。

だが、蓋を開けてみると、全曲原曲を忠実に再現しつつ、ISSAさんはキーを変えずに現在の良さだけを引き出した歌声を披露している。

 

ライブでは、踊りながらも一切息切れせず、その高い歌唱力が年齢とともに進化し続けているISSAさんが凄すぎて隠れてる部分もあると思うのだが、DA PUMPに加入してからラップを始めたというKIMIさんのパフォーマンスにも注目してもらいたい。実際、色んなライブ映像を観てきたが、KIMIさんの踊りながらの安定したラップも異次元だと思っている。

 

もちろん、他のパフォーマー5人もそれぞれ個性的な魅力があり、売れるべくして売れたんだなと思わざるを得ない凄いグループなのだ。

 

 

来年は全国を周るツアーをやりたいと仰っている7人のパフォーマンスを是非直接目に焼き付けたいものだ。